運輸安全マネージメント

弊社では、日々の安全管理体制を徹底し、様々な取り組みをとおして社員の安全意識向上をはかるとともに、「運輸安全マネージメント」の向上、改善に努めております。下記は、弊社の輸送の安全に関する基本的な方針です。

輸送の安全に関する基本的な方針

1. 輸送の安全は物流業者として経営の根幹であり、従業員に対し輸送の安全の確保が

最も重要である事を認識させる。

2. 事業運営・安全に伴う関係法令を遵守し継続的に活動を行い、事故防止を図る。

3. 経営幹部は輸送の安全確保に主導的役割を果たす。

  • 運転者適性診断
    「自動車事故対策機構」の適性診断システム「ナスバネット」を活用し、ドライバーの適性診断を実施。

  • アルコールチェッカー
    乗車前には必ず、呼気によるアルコール検査を実施。ドライバーの酒気を帯びての運行を禁止する とともに、健康・体調管理に努めています。

  • ドライブレコーダー
    トラック全車に「ドライブレコーダー」を設置。ドライバーの安全運行をサポートし、実際の映像でヒヤリハット体験をドライバー同士が共有することで、交通事故防止を図っています。

  • デジタルタコメーター
    ドラレコ同様に全車両に装備しており連続運転時間や走行速度の超過を警告することでドライバーの過労運転を防止し、安全な運行を促します。

輸送の安全に関する目標およびその達成状況

(事業年度:平成29年4月1日~平成30年3月31日)

1 車両事故

項目 平成29 年度実績(件) 平成30 年度目標(件)
重大人身事故 0 0
それ以外の人身事故 0 0
物損事故 12 6
車両事故件数
対前年改善率
対前年20%減少 対前年50%削減

2 労災事故

項目 平成29 年度実績(件) 平成30 年度目標(件)
労災事故(不休災害除く) 2 0
労災事故件数
対前年改善件数
-1 0

自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関して

(事業年度:平成29年4月1日~平成30年3月31日)

該当する事故はありませんでした。