会社沿革
   
1899年(明治32年)
3月10日/初代・石井與市、静岡県今泉村依田橋に「石井組」創業。
 
1903年(明治36年) 
「石井組」依田橋から鈴川に移転。
 
1909年(明治42年) 
2代目・石井源治、東海道線富士駅前に「石井組」の看板を構え、「富士製紙第8工場」構内作業請負を契約。
 
1910年(明治43年) 
石井與市、鉄道省直接指定請負業者の資格を取得。
 
1919年(大正8年)
石井源治、「鉄道院」より富士駅の小運送業公認資格取得。
 
1927年(昭和2年)
「石井組」運輸部自動車部門設立。
 
1928年(昭和3年)
3代目・石井四郎、社長就任。
 
1947年(昭和22年)
3月/資本金18万円にて「株式会社 石井組」を登記。
 
1948年(昭和23年)
5月/「株式会社 石井組」を「富士運送株式会社」に商号変更。
 
1949年(昭和24年)
6月/小運送事業複数制により、富士駅における免許を申請。
8月/「王子製紙㈱」3社分割で、「本州製紙㈱ 富士工場」と請負契約。
 
1950年(昭和25年)
12月/富士駅における通運事業経営免許を運輸大臣より認可。
 
1958年(昭和33年)
宅扱貨物取扱業務開始。
 
1961年(昭和36年)
9月/「本州木材㈱」「海野木材」と田子の浦港入船木材取扱契約、「山陽パルプ㈱」「日本パルプ㈱」と田子の浦港入船パルプ取扱契約を契約。
10月/組織改正で「港湾部」設立。
 
1962年(昭和37年)
1月/4代目・石井利平、代表取締役社長就任。
 
1963年(昭和38年)
3月/宮島営業所開設。
4月/一般区域貨物自動車運送事業開始。
5月/資本金300万円に増資。
8月/「富士写真フィルム㈱ 今泉工場」製品輸送開始。
 
1964年(昭和39年)
3月/自動車運送取扱事業開始。
 
1965年(昭和40年)
11月/倉庫業認可、営業開始。
 
1966年(昭和41年)
7月/資本金600万円に増資。
10月/「平垣倉庫」食糧庁指定倉庫に。
 
1967年(昭和42年)
8月/「吉原倉庫」開設
9月/資本金1,200万円に増資。
 
1969年(昭和44年)
7月/資本金2,500万円に増資。
8月/「富士宮営業所」開設。
 
1971年(昭和46年)
4月/指定自動車整備事業認可。
10月/資本金3,000万円に増資。
 
1973年(昭和48年)
4月/「富士流通センターターミナル第1倉庫」完成。
12月/資本金4,500万円に増資。
 
1974年(昭和49年)
6月/「富士流通センターターミナル第2倉庫」完成。
 
1975年(昭和50年)
2月/「富士流通センターターミナル」完成。
8月/資本金9,000万円に増資。
 
1981年(昭和56年)
3月/「富士宮営業所 第1号倉庫」開設。
 
1982年(昭和57年)
10月/内航運送取扱事業認可。
 
1984年(昭和59年)
12月/「富士宮営業所 第2号倉庫」竣工。
 
1986年(昭和61年)
7月/「富士北流通センター」設置。「大渕倉庫」開設。
 
1987年(昭和62年)
9月/「吉田営業所」開設。
 
1991年(平成3年)
8月/「富士北流通センター第3倉庫」開設。
 
2000年(平成12年)
5月/5代目・石井源一、代表取締役社長就任。
 
2002年(平成14年)
10月/「富士北流通センター新倉庫」開設。
 
2003年(平成15年)
2月/「宮島営業所」閉鎖。「富士営業所」開設。
 
2008年(平成20年)
7月/「ニッピ興産㈱」の全事業を譲受ける。
   
プライバシーポリシーサイトマップリンク